家庭血圧は診察室血圧と違います

家庭で測定する血圧は病院で計る血圧と違う事を皆さんはご存知でしょうか?

動脈硬化性疾患とは血圧が原因のためナイアシン

注意する必要のある症例として生活習慣病が認知されていますが、生活習慣病が発症する際に前兆として引き起こされるのが血圧の異常です。血圧は血液が全身の細胞や臓器にくまなく送り込めるように血管が伸縮を適度な力ですが、血圧に異常が出るというのはその伸縮する力が過剰に働いてしまっている状態です。その血圧が高いまま放置すると起こることが動脈硬化性疾患であり、動脈硬化性疾患とは血液を送る血管内部にプラークがたまることで伸縮する血管の柔軟性を失い硬くなると命にかかわるほどの病気のリスクが高まることです。動脈硬化性疾患を発症すると起こる代表例としては血管が破れることでの動脈剥離や溜まったプラークが強い力で剥がれてしまい脳や振動に達して詰まらせてしまう梗塞を引き起こすことが動脈硬化性疾患とは危険な症状と言えます。そこで動脈硬化性疾患とは血管の状態が悪くなっている症状なので血管内部を改善できれば症状が起きないことと同義であり、その症状を改善するために必要な栄養素として注目されているのがナイアシンです。ナイアシンは水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、体内で活動している微生物である酵素の働きを補助するために使われる成分です。ナイアシンは体内にいる微生物である酵素の働きを助ける効果を持ち、全身の皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きがあります。特に血管は常に働いていないといけない器官なので、このナイアシンの効果は必須と言えます。この成分を摂取するにはレバーや魚肉そして牛や鳥そして豚などの肉類などに多く含まれています。そのため通常であれば不足することはないのですが、しかし現在のように過剰な食べ方をするようなことをするとしっかりと働く栄養素が無いので不足するのと変わりない状態になるのです。そこで野菜に含まれているビタミンやミネラルを取ることも重要となります。